2008年03月11日

『人生が変わる1分間の深イイ話』

人生が変わる1分間の深イイ話』 日テレ(月)21:00〜
公式HPhttp://www.ntv.co.jp/fukaii/index.html
ゲスト:陣内智則、柳本晶一、姫井由美子、東国原英夫、ピーコ、ウド鈴木、ほしのあき、misono

アルゼンチンの名ゴルファー、ロバート・デ・ヴィンセンゾ(Roberto de Vicenzo)にまつわるちょっとヒヒ話。

ロバートがトーナメントに優勝した時の事、
突然見知らぬ女性が近寄ってきて、
「すいません。助けてください。私の赤ちゃんが病気で死にそうなんです。でも病院に連れていくお金もなくて…」と言ってきた。
するとロバートは…
「これで赤ちゃんを助けてあげなさい」
と、優勝賞金を全額渡したのだ。
しかし、数日後、思わぬ事実が発覚。
キャディーから
「ロバートさん!あの女、詐欺師だったんですよ!」と教えられたのだ。
すると、ロバートは
意外な言葉を口にした。
「良かった…ということは死にそうな赤ん坊はいないってことだろ?
そいつは、いいニュースだ」
騙された事よりも不幸が無かった事を喜んだという。
美談ですね。
なんて心の広いヴィンセンゾ。

でも、本当は…
両手は握りこぶし、両肩をワナワナと震わせ、眉間には深いシワをつくり、口元を引きつらせて
「そ、そいつは、い、いいニュースだね…ふ、ふふふ…ふ…」と負け惜しみを含んだ表情で言ったのかも知れません。

なんちゃって。
posted by さむねり at 09:01