2014年09月21日

『さんま&くりぃむの第18回芸能界(秘)個人情報グランプリ』

さんま&くりぃむの第18回芸能界(秘)個人情報グランプリ』 フジテレビ 2014年8月2日(土)21:00〜23:10
出演者:明石家さんま、くりぃむしちゅー、加藤綾子、アニマル浜口、梅沢富美男、森永卓郎、蛭子能収、村上ショージ、槙原寛己、魔裟斗、篠原信一、DJ KOO、神奈月、サンドウィッチマン、TKO、岩尾望、岩崎夏海、あばれる君、今井洋介、どぶろっく、五月みどり、芦川よしみ、かとうかず子、ハイヒールモモコ、武田久美子、遊井亮子、IKKO、遼河はるひ、辺見えみり、杉浦幸、亀井京子、シルク、矢澤恵里香、中村静香、カブトムシゆかり、ざわちん

●『花開いて良かった卒業アルバム部門 男性編
(1)サンドウィッチマン・伊達みきお【宮城県仙台市仙台商業高校学校時代】

胸板が厚く、はと胸だったため、あだ名は「ハト」。
当時はかなりのソリコミを入れており、両親に「そんな風に育てた覚えはない」と嘆かれたそう。

(2)サンドウィッチマン・富澤たけし【宮城県仙台市立仙台商業高等学校時代】

本名の「富澤」という名前から、あだ名は「トミー」。
高校3年生の時に運転免許を取り、先生の目を盗んでこっそり車で登校していたそう。

(3)DJ KOO【千葉県私立柏日体高等学校時代】

本名の「高瀬」という名前から、あだ名は「タカセ」。
当時はサーフィンとDJを本格的にやり始め、めちゃくちゃモテていたそう。

(4)アニマル浜口【プロレス修行時代】

本名の「濱口」という名前から、あだ名は「ハマ」。
当時は毎日スクワットを1000回もして鍛えていたそう。

(5)TKO・木本武宏【大阪府大東市立住道中学校時代】

本名の「木本」という名前から、あだ名はそのまんま「木本」。
当時付き合っていた彼女が隣の学校の番長にナンパされ、そのまま取られてしまったそう。

(6)TKO・木下隆行【大阪府大東市立谷川中学校時代】

男友達の下半身を冗談でよく触っていたため、あだ名は「エロ」。
当時、初めてできた彼女を家族に紹介したところ、お兄さんに取られてしまったそう。

(7)魔裟斗【埼玉県朝霞市立朝霞第四中学校時代】

本名の「雅人」という名前から、あだ名はそのまんま「マサト」。
当時は人気漫画のスラムダンクに憧れ、バスケットボール部に所属。
毎日練習に明け暮れていたそう。

(8)今井洋介【神奈川県の調理師専門学校時代】

本名の「今井」という名前から、あだ名は「今井さん」。
当時、毎食ラーメンばかり食べていたためか、体重が100kgまで太ってしまったそう。

(9)どぶろっく・森慎太郎【佐賀県基山町立基山中学校時代】

ソフトテニス部の部長だったため、あだ名は「部長」。
当時はかなりの鬼部長で、新入生を怒りすぎたため、1週間で10人も辞めてしまったそう。

(10)どぶろっく・江口直人【佐賀県立鳥栖高等学校時代】

本名の「直人」という名前から、あだ名は「なっつぁん」。
当時からとにかくブルマが大好きで体育の時間は常に女の子のブルマに見とれていたそう。

(11)梅沢富美男【群馬県前橋市立第四中学校時代】

本名の「池田」という名前から、あだ名はそのまんま「池田」。
当時は野球部で大活躍しており、本気でプロ野球選手を目指していたそう。

(12)森永卓郎【東京都立戸山高等学校時代】

本名の「卓郎」という名前から、あだ名はそのまんま「たくろう」。
当時どうしても女性と付き合いたく、何人もの女性に告白するも誰にも相手にされなかったそう。

(13)あばれる君【福島県白河市立白河第二中学校時代】

本名の「古張」という名前から、あだ名はそのまんま「コバリ」。
当時好きだった女の子の机を、休み時間にこっそり舐めていたのが見つかり大問題になったそう。

(14)神奈月【岐阜県土岐市立駄知中学校時代】

本名の「聡司」という名前から、あだ名は「さとボン」。
この頃からモノマネをやり始め、当時の鉄板ネタは「もしも出っ歯の森先生が羊羹を食べたら」だったそう。

(15)槙原寛己【愛知県半田市立岩滑小学校時代】

本名の「寛己」という名前から、あだ名は「ヒロ」。
当時はクラス一のひょうきん者で田中角栄のモノマネが得意だったそう。

(16)フットボールアワー・岩尾望【大阪市立東住吉中学校時代】

本名の「岩尾」という名前から、あだ名はそのまんま「岩尾」。
当時は放課後すぐ家に帰り、好きな子が帰る様子を玄関の覗き穴からいつも見ていたそう。

(17)篠原信一【兵庫県私立育英高等学校時代】

本名の「信一」という名前から、あだ名は「シンちゃん」。
当時は柔道部の顧問が怖すぎたため、辞めるに辞められず嫌々柔道を続けていたそう。

(18)岩崎夏海【東京都日野市立程久保小学校時代】

「岩崎」という名前の「サキ」が変化して、あだ名は「ジャッキー」。
当時は近所でも評判の美少年でみんなから「女の子みたい」と言われていたそう。

●『花開いて良かった卒業アルバム部門 女性編
(1)かとうかず子【愛知県名古屋市立神丘中学校時代】

本名の「和子」という名前から、あだ名は「おかず」。
当時はバレーボール部に所属し、男子にかなりモテモテだったそう。

(2)遊井亮子【東京都の高等学校時代】

本名の「亮子」という名前から、あだ名はそのまんま「亮子」。
当時は食欲が一向におさまらず、1日5食大盛りで食べていたそう。

(3)ハイヒールモモコ【大阪市立阿倍野中学校時代】

本名から、あだ名は「リー」。
当時はかなりやんちゃで、放課後の校庭でラジカセを大音量で流し、みんなで踊りまくっていたそう。

(4)亀井京子【兵庫県私立小林聖心女子学院中学校時代】

本名の「亀井」という名前から、あだ名は「カメロン」。
当時は厳しい両親の勧めで、バイオリン・書道・英会話など週6日は習い事をしていたそう。

(5)武田久美子【東京都私立堀越中学校時代】

本名の「武田」という名前から、あだ名はそのまんま「武田」。
入学時はクラスで一番頭が良かったものの芸能界での活躍と共にどんどん成績が落ちてしまったそう。

(6)シルク【大阪府立夕陽丘高等学校時代】

当時流行っていた「キャンディーズ」から、あだ名は「キャンキャン」。
当時は年下の子と付き合っており、親に内緒でよく旅行に行っていたそう。

(7)芦川よしみ【東京都私立小野学園女子中学校時代】

本名の「粟屋」という名前から、あだ名はそのまんま「あわや」。
当時は水泳部に所属し、背泳ぎが得意だったそう。

(8)杉浦幸【東京都の高等学校時代】

本名の「美雪」という名前から、あだ名はそのまんま「みゆき」。
当時は女子高に通っており、下駄箱によく女の子からのラブレターが入っていたそう。

(9)遼河はるひ【愛知県名古屋市立吹上小学校時代】

本名の「綾希子」という名前から、あだ名は「アッコちゃん」。
当時はとても足が速く、運動会ではいつもリレーの選手だったそう。

(10)カブトムシゆかり【東京都私立堀越高等学校時代】

本名の「富澤」という名前から、あだ名はそのまんま「とみざわ」。
当時は男子にモテたかったため、虫好きキャラを完全に封印していたそう。

(11)辺見えみり【東京都世田谷区立千歳中学校時代】

本名の「辺見」という名前から、あだ名は「へんち」。
当時片思いしていた野球部のイケメンを見るだけのために、部室がグラウンドに面した美術部に入ったそう。

(12)IKKO【福岡県立西田川高等学校時代】

いつもナヨナヨしていたため、あだ名は「オカマ」。
当時はスケバンに憧れ、長いスカートのセーラー服を着てみたいといつも思っていたそう。

(13)中村静香【京都府の中学校時代】

本名の「静香」という名前から、あだ名は「しぃちゃん」。
この頃から芸能活動を始めたものの当時はマッサージ師になるのが夢だったそう。

(14)ざわちん【群馬県太田市立旭小学校時代】

本名の「小澤」という名前から、あだ名は「ざわっち」。
当時はモーニング娘。に憧れ、歌手になるのが夢だったそう。

(15)谷澤恵里香【東京都の小学校時代】

丸い輪郭の顔から、あだ名は「大仏」。
当時は男子から「お前は整形してもブスだ」とかなりイジられていたそう。
posted by さむねり at 09:29

2014年09月13日

『さんま&くりぃむの第17回芸能界(秘)個人情報グランプリ』

さんま&くりぃむの第17回芸能界(秘)個人情報グランプリ』 フジテレビ 2014年4月19日(土)21:00〜23:10
出演者:明石家さんま、くりぃむしちゅー、加藤綾子、マイク眞木、アニマル浜口、渡辺裕之、森田順平、蛭子能収、村上ショージ、川合俊一、武井壮、松村邦洋、宮川一郎太、山里亮太、FUJIWARA、JOY、ウーマンラッシュアワー、デニス、五月みどり、水沢アキ、中田喜子、岡本麗、中山エミリ、ダンプ松本、ちはる、森口博子、丸岡いずみ、熊切あさ美、小島瑠璃子、福田彩乃、ミラクルひかる、バービー、紅蘭、ニッチェ

●『花開いて良かった卒業アルバム部門 男性編
(1)宮川一朗太【東京都私立晃華学園小学校時代】

本名の「一朗太」という名前から、あだ名はそのまんま「一朗太」。
当時は頭が良い・運動ができる・顔がかわいいの3拍子揃った神童だと周りから言われていたそう。

(2)武井壮【東京都葛飾区立亀青小学校時代】

本名の「壮」という名前から、あだ名は「そう君」。
当時からスポーツ選手を目指し、ストップウォッチでタイムを計りながら走って登校していたそう。

(3)ウーマンラッシュアワー・中川パラダイス【大阪市立堀江小学校時代】

天然パーマの髪の毛をセンター分けにしたところ、あるキャラクターに似ていたため、あだ名は「セーラームーン」。
当時はクラスで流行ったスカートめくりにハマりまくり、ブームが去っても一人でスカートをめくり続けていたそう。

(4)ウーマンラッシュアワー・村本大輔【福井県立小浜水産高等学校時代】

いつも力のあるヤンキー達にくっつき、偉そうにしていたため、あだ名は「コバンザメ」。
しかし、村本が2年生の時に、そのヤンキーが学校を辞めてしまい、残った生徒たちにいっきにいじめられてしまったそう。

(5)JOY【群馬県高崎市立寺尾小学校時代】

本名の「ジョイ」という名前から、あだ名はそのまんま「ジョイ」。
クラスでも1・2を争うほど頭が悪く、テストの点はほぼ1ケタだったそう。

(6)森田順平【福岡県立小倉高等学校時代】

本名の「森田」という名前から、あだ名はそのまんま「森田」。
トップクラスの成績で入学するも演劇に熱中しすぎたため、一気に成績が下がってしまったそう。

(7)松村邦洋【山口県立田布施農業高校時代】

常にまん丸だった体型から、あだ名は「ゾウアザラシ」。
成績がとても悪く、4年かけて卒業したため、修学旅行に2回も行くことができたそう。

(8)マイク眞木【東京都私立青山学院中等部】

本名の「眞木」という名前から、あだ名は「マキマキ」。
当時としてはかなりませており、中学2年生の時に、同級生の女の子の家で初キスを済ませたそう。

(9)デニス・松下宣夫【徳島県立徳島北高等学校時代】

本名の「宣夫」という名前から、あだ名は「ノブ」。
学校では大爆笑をとる人気者で「徳島北高のさんま」と呼ばれていたそう。

(10)デニス・植野行雄【大阪府吹田市立第五中学校時代】

当時から外国人顔だったため、あだ名は「リトバルスキー」。
すでに体が大きく強面だったため、一度もケンカをしたことがないのに番長になってしまったそう。

(11)渡辺裕之【茨城県立水戸商業高等学校時代】

本名の「渡辺」という名前から、あだ名は「ナベ」。
当時はナイトクラブやキャバレーなどでドラマーとしてバンド演奏のバイトをしていたそう。

(12)南海キャンディーズ・山里亮太【千葉市立さつきが丘東小学校時代】

本名の「山里」という名前から、あだ名は「山ちゃん」。
当時は先生の言うことを全く聞かない学年一の問題児だったそう。

(13)アニマル浜口【大阪府の小学校時代】

本名の「平吾」という名前から、あだ名は「へいちゃん」。
当時から運動神経抜群でボールの遠投が特に得意だったそう。

(14)川合俊一【東京都私立明治大学付属中野高等学校時代】

本名の「川合」という名前から、あだ名はそのまんま「川合」。
当時は、とにかくモテモテで自分が乗っている車両だけ、いつもファンの女子高校生で満員だったそう。

●『花開いて良かった卒業アルバム部門 女性編
(1)丸岡いずみ【徳島県立脇町高等学校時代】

本名の「丸岡」という名前から、あだ名は「丸ちゃん」。
当時は陸上部と水泳部を掛け持ちしており、得にクロールが得意だったそう。

(2)中田喜子【東京都新宿区立四谷第一中学校時代】

すでに当時、テレビのCMなどに出演していたため、あだ名は「テレビ」。
当時は教室にある暖房器具の上で、よく鍋焼きうどんを作って食べていたそう。

(3)フォーリンラブ・バービー【北海道栗山高等学校時代】

本名の「笹森」という名前から、あだ名は「ササニシキ」。
テニス部一筋で、男子とは全く会話ができないシャイな生徒だったそう。

(4)ちはる【千葉県市川市立第三中学校時代】

本名の「須賀」という名前から、あだ名は「ガスさん」。
当時は、みんなの前で「プリンちゃん!」と言いながらパンツを下ろし、お尻を見せる遊びにハマっていたそう。

(5)小島瑠璃子【千葉県市原市立ちはら台南中学校時代】

本名の「瑠璃子」という名前から、あだ名はそのまんま「るりこ」。
当時は、かなり真面目な生徒で全国模試で50位以内に入ることもあるほど、優秀な成績だったそう。

(6)水沢アキ【東京都私立山脇学園中学校時代】

本名の「溜井」という名前から、あだ名は「タメ」。
当時は英語の授業が大好きで、将来は国際結婚してハーフの子を産みたいと思っていたそう。

(7)ダンプ松本【埼玉県熊谷市立熊谷東小学校時代】

見た目が全体的に金太郎に似ていたため、あだ名は「金ちゃん」。
当時から運動神経がとてもよく運動会の徒競走ではいつも1位だったそう。

(8)福田彩乃【愛知県豊田市立大林小学校時代】

いつもホッペが真っ赤だったため、あだ名は「リンゴちゃん」。
当時は男子からよくホッペにキスをされ、人生で一番のモテ期だったそう。

(9)熊切あさ美【静岡県浜松市立広沢小学校時代】

本名の「熊切」という名前から、あだ名は「クマちゃん」。
当時は転校が多かったため、新しいクラスではできるだけ目立たないように過ごしていたそう。

(10)森口博子【東京都私立堀越高等学校時代】

本名の「花村」という名前から、あだ名はそのまんま「花村」。
デビューしてもなかなか売れず、ヒマだったため、いつも嘘の早退届を出して忙しいフリをしていたそう。

(11)岡本麗【福岡県飯塚市立飯塚第二中学校時代】

本名の「あけみ」という名前から、あだ名は「あけみちゃん」。
入学当時、可愛い子が入学してきたと話題になり、岡本さんを見るための大行列が教室前にできたそう。

(12)紅蘭【東京都の中学校時代】

本名の「紅蘭」という名前から、あだ名はそのまんま「クラン」。
いつもばっちり化粧をして登校する派手な生徒だったものの、数学はクラスでトップの成績だったそう。

(13)ニッチェ・近藤くみこ【三重県私立暁高等学校時代】

本名の「くみこ」という名前から、あだ名はそのまんま「くみこ」。
当時サッカー部のイケメンゴールキーパーと付き合っており、彼から婚姻届と共にプロポーズをされたそう。

(14)ニッチェ・江上敬子【島根県立益田高等学校時代】

本名の「江上」という名前から、あだ名は「エノ」。
当時の夢は女優になることで、地元の市民ミュージカルなどに積極的に出演していたそう。

(15)中山エミリ【神奈川県私立カリタス小学校時代】

本名の「亜微梨」という名前から、あだ名はそのまんま「エミリ」。
当時は美化委員長を務め、学校の周りにあるイチョウ並木の掃除がとても得意だったそう。

(16)ミラクルひかる【兵庫県豊岡市立五荘小学校時代】

本名の「梨果」という名前から、あだ名は「リカちゃん人形」。
当時からすでに松田聖子さんや森進一さんなど幅広いレパートリーのモノマネを披露していたそう。
posted by さむねり at 13:25